妾を作らなくても容認されている愛人なら不倫にならない

妾という物は、言ってみれば夫婦間で容認された愛人のような関係だと言っていいでしょう。
元々、不倫という概念は不貞の事を言うわけですから、その関係性が容認されているのであれば、結婚していながらも妻以外の別の異性と性交渉を行っても不倫という行為にはならないわけですね。

不倫の定義と妾の形

不倫、というのは結婚していながら別の異性と性交渉を行うなど、道徳的や社会的に許されない関係を持つことを言います。
逆にいえば、夫婦間で容認し合っている形でならばそれは別の異性とセックスをしても不倫にはならないということですね。
だから、妾という昔からある愛人のような形をわざわざとるために妾養子を養子縁組を組んだりするような形式をとる必要はないのです。
それこそ、お互いに愛人がいてセックスをするよという風に宣言しあいそれをたがいが了承していればいいわけですね。

婚姻の定義と重婚について

日本では一夫一妻性なので重婚こそできませんが、それはあくまで戸籍上のことなんですね。
だから、例えば妻と妾ではない愛人を3人で一緒に生活すること自体はできるわけです。
それこそ、その愛人が男妾のような感じで同性愛の場合でも戸籍上の手続きが通らないというだけであって、内縁という形で一緒に同居することが罰則されているわけではないのです。
つまりは、重婚というのは戸籍上婚姻届を役所に通すことができるのは一人だけだということなんです。
法律上の夫婦は二人一組でなければいけませんが、関係性上や生活上ならばそれこそもめごとが起きなければ何人と生活してもいいわけですね。

あくまで同意が必要

とは言え、こういう関係性というのは結婚している相手同士はもちろん愛人にも了承を得なくてはいけません。
そして、了承したからと言ってその関係がずっと継続するという保障もありませんからね。
男女の関係というのは、些細なことでもめごとが起きる物なので、愛人関係などを結ぶのであればそういった心配りが大事です。