妾の立ち位置と妾を作る事情とは

妾という存在は、既婚者が愛人を作り、妻以外の異性や同性と性交渉をする関係を不倫ではない形で持つ事を言います。
しかし、これは重婚には当たらないし戸籍上夫婦になるわけではなくあくまで、内縁的な部分で性交渉をすることを、夫婦間や家族観などで了承した上で行う関係なのです。

了承するケースに関して

妾という存在は、やはり田舎の方や地方の権力者や影響力の強い家庭の主人が持つ物というイメージがあると思います。
実際、養子縁組をしたり妾養子をしたりするという経済的な部分での契約をすることにより、妾や男妾という関係を作る物はやはりそういう事例が多いですね。
しかし、妾とはそういう存在だけを示す物ではないのです。

一般家庭の妾について

数がそれほど多くはないのですが、実は一般家庭でも妾を作るという事はあるんです。
最も、養子縁組をしたり妾養子にしたりするという形で大規模な経済的支援をするのではなく、内縁の妻というような形で行う事があるんです。
どういう時にそんな関係を作るのかというと、お互い夫婦があらかじめ結婚する際に性的な行為は好きではないけど、結婚して既婚者になりたいという割り切った関係で夫婦関係を構築する際です。
こういう場合は、自分は性的な行為をしたくない、或いは出来ないからセックスだけの関係という形で妾を作る事を容認するようなパターンもあるのです。
勿論、この妾に関してもある程度の経済的支援などのメリットを与えたりセックスをすることを楽しむ人をあてがったりと色々な形があるのです。

妾になる人とは

これも多数ありますね。
単純に既婚者に魅力を感じている人、あるいは実質の夫婦の姉妹、それから経済的な援助を必要としていて、なおかつ容姿に魅力がある人など事情により様々です。
しかし、基本的に妾というのはどういう形をとれど、本人の同意がなければ成立するような関係ではありませんので、奴隷のように扱われるという事はないのでそのあたりの心配は不要です。